TEXT SIZE

  • 小
  • 中
  • 大

CLOSE

Digital Biology

ソフトウェア 機器 試薬・受託サービス
パスウェイ解析IPA フローサイトメーターCytek Aurora 標識抗体・試薬BioLegend
ヒト遺伝子変異データベースHGMD® Professional 一分子リアルタイムDNAシークエンサーPacBio® Sequel/Sequel II システム 試薬・消耗品Spherotech
配列情報マルチ解析ソフトウェアGeneious 高速細胞イメージングシステムCeligo DNA精製キットPrinceton(プリンストン)
次世代シーケンスデータ解析ソフトウェアStrand NGS ハイスループット自動細胞カウンターCellaca MX エンドペプチターゼPrinceton(プリンストン)
マイクロアレイデータ解析GeneSpring 細胞自動カウント・生死判別Cellometer(セロメーター) NGSライブラリ調製関連キットSwift Biosciences
オリゴプローブモデリングVisual OMP シングルセルディスペンサーNamo NGSライブラリ 調製キットLOOP GENOMICS
顕微鏡イメージ解析・
Fig作成支援ソフトウェア
Cytosketch
3次元培養Synthecon(シンセコン) NGSライブラリ調製関連キットShoreline Biome
  微小電気信号検出・解析Alpha Omega(アルファオメガ) ゲノムアセンブリ受託サービスDovetail Genomics
  モンキーチェア / レコーディング
チャンバー etc.
Crist(クリスト)
ヒトゲノム構造解析受託サービスDovetail Genomics
  レーザーマイクロダイセクションCellCut Plus  
  キャピラリーシングルセルソーティングシステムCellEctor Plus  

ホーム > インフォメーション > IPA > Ingenuity Pathways Analysis Winter2011リリースのお知らせ

インフォメーション

2011.12

Ingenuity Pathways Analysis Winter2011リリースのお知らせ

先日IPAの新バージョンWinter 2011がリリースされました。
Winter 2011では以下のようなアップデートがされております。

・Transcriptoin Factor Analysis機能の追加
-Core Analysisの結果に新たにTranscription Factor Analsysが追加されました。これは実験データの発現変動の向きから、Transcription Factorが亢進、抑制しているのかを予測する機能です。
・Downstream Effect Analysis機能の追加
-Core AnalysisのFunctionタブにDownstream Effect Analysisの結果を表示します。これは実験データの発現変動の向きから、Function/Diseaseが亢進、抑制されるのかを予測する機能です。
・Isoform Viewの追加
-Gene ViewにHuman isoform情報が追加されました。
・Pathway Import機能の改良
-XGMML(Cytoscape)フォーマットのPathwayを取り込んだ際にGene Symbolが自動的にマッピングされるようになりました。

pageTop