TEXT SIZE

  • 小
  • 中
  • 大

CLOSE

Digital Biology

ソフトウェア 機器 試薬・受託サービス
FCSマルチカラー解析
クラウドソフトウェア
OMIQ
フローサイトメーターCytek Aurora 標識抗体・試薬BioLegend
パスウェイ解析IPA 一分子リアルタイムDNAシークエンサーPacBio® Sequel/Sequel II システム 試薬・消耗品Spherotech
ヒト遺伝子変異データベースHGMD® Professional NGS解析サーバーシステムWASAI Lightning™ DNA精製キットPrinceton(プリンストン)
配列情報マルチ解析ソフトウェアGeneious 高速細胞イメージングシステムCeligo エンドペプチターゼPrinceton(プリンストン)
次世代シーケンスデータ解析ソフトウェアStrand NGS ハイスループット自動細胞カウンターCellaca MX NGSライブラリ調製関連キットSwift Biosciences
マイクロアレイデータ解析GeneSpring 細胞自動カウント・生死判別Cellometer(セロメーター) NGSライブラリ 調製キットLOOP GENOMICS
オリゴプローブモデリングVisual OMP シングルセルディスペンサーNamo NGSライブラリ調製関連キットShoreline Biome
顕微鏡イメージ解析・
Fig作成支援ソフトウェア
Cytosketch
3次元培養Synthecon(シンセコン) 近接ライゲーションテクノロジーDovetail Genomics
  微小電気信号検出・解析Alpha Omega(アルファオメガ)  
  モンキーチェア / レコーディング
チャンバー etc.
Crist(クリスト)
 
  レーザーマイクロダイセクションCellCut Plus  
  キャピラリーシングルセルソーティングシステムCellEctor Plus  

ホーム > インフォメーション > NewRelease > 【2020年6月19日】PacBio Webinerのお知らせ

インフォメーション

2020.05

【2020年6月19日】PacBio Webinerのお知らせ

タイトル:
PacBio Sequel/Sequel IIシステムによる新規ゲノム解読の実際  

スピーカー:
白澤 健太先生 かずさDNA研究所

日時:
6月19日(金)14時~

要旨:
新規ゲノム解読のためのシークエンス技術がショートリードからロングリードに移行したことで、得られるゲノム配列の品質は向上し、解析のスピードも格段に早くなった。この技術革新によって、より複雑なゲノムの解読も可能になりつつある。演者らは、PacBio Sequel Systemを利用して様々な生物の新規ゲノム解読を行っている。本ウェビナーでは、野生植物でゲノム基盤が全く無かったイヌビワ、種間雑種であるサクラ、ゲノム倍化の痕跡のあるダイコン、およびサンプルDNAが極めて微量だった線虫などのゲノム解読の成果を紹介する。さらに、最近になって利用を開始したPacBio Sequel II Systemの特徴についても実際のデータを交えて紹介したい。  

PacBioウェビナーのご登録はこちら

archives

categories

pageTop