トレーニング・学習

ウェビナー

9/26 QIAGEN IPA ユーザーグループミーティング オンライン開催

開催日:2022年9月26日 13時~17時半(日本時間)

QIAGEN社主催 IPA のユーザーグループミーティングを9月26日に開催いたします。

QIAGENでは、遺伝子発現プロファイル解釈は、より高品質で網羅的なデータベースや過去のオミックス研究を活用することが大変重要であると考えています。QIAGEN Ingenuity Pathway Analysis(IPA)は、約25年、数百名の専門家が実際に文献を読んで情報を収集しているマニュアルキュレーションデータベースや公的レポジトリ由来の膨大なオミックスデータを活用した遺伝子発現プロファイル解釈ツールです。

今回のオンラインユーザーグループミーティングでは、オミックスデータ解釈のビギナーからエキスパートまでを対象に、QIAGEN IPA ユーザー様のご講演、QIAGEN スタッフによる有用機能の説明、デモを予定しております。

RNA-seq 等の遺伝子発現解析は、病理、薬理、発生分化や毒性などのメカニズム理解のために頻繁に行われていますが、その生物学的意義の理解は、簡単ではありません。遺伝子発現プロファイル解釈にお困りのお客様、是非、ご参加ください。

開催日時
     2022年9月26日(月)13:00~17:30  日本語・参加無料

【プログラム】 

時間演者内容
13:00-13:05株式会社キアゲン
マーケティング部長 浅田 真二
ご挨拶
13:05-13:10株式会社キアゲン
QDI チーム セールスマネージャー Paul Daniel
ご挨拶と予定の説明
13:10-13:30QIAGEN Digital InsightsQIAGEN IPA に最近追加された機能と開発計画
13:30-13:55トミーデジタルバイオロジー株式会社IPA 基本機能のご説明
13:55-14:30招待講演1近日公開
14:30-14:40休憩
14:40-15:05招待講演2近日公開
15:05-15:35QIAGEN Digital InsightsIPA の有用機能のご紹介
15:35-16:10招待講演3近日公開
16:10-16:15QDI 國田今後のイベントの説明
16:15-16:25休憩
16:25-17:30QDI 宮嶋ご紹介した機能のデモとIPAに関する質疑応答

【招待講演 演者】

日本大学歯学部
篠塚 啓二 先生

株式会社フェニックスバイオ
小島 夕葉 様

株式会社Rhelixa
内海 貴夫 様


お申込みはこちら

IPA 製品概要はこちら

一覧へ戻る