TEXT SIZE

  • 小
  • 中
  • 大

CLOSE

Digital Biology

ソフトウェア 機器 試薬・受託サービス
FCSマルチカラー解析
クラウドソフトウェア
OMIQ
フローサイトメーターCytek Aurora 標識抗体・試薬BioLegend
パスウェイ解析IPA 一分子リアルタイムDNAシークエンサーPacBio® Sequel/Sequel II システム 試薬・消耗品Spherotech
ヒト遺伝子変異データベースHGMD® Professional NGS解析サーバーシステムWASAI Lightning™ DNA精製キットPrinceton(プリンストン)
配列情報マルチ解析ソフトウェアGeneious 高速細胞イメージングシステムCeligo エンドペプチターゼPrinceton(プリンストン)
次世代シーケンスデータ解析ソフトウェアStrand NGS ハイスループット自動細胞カウンターCellaca MX NGSライブラリ調製関連キットSwift Biosciences
マイクロアレイデータ解析GeneSpring 細胞自動カウント・生死判別Cellometer(セロメーター) NGSライブラリ 調製キットLOOP GENOMICS
オリゴプローブモデリングVisual OMP シングルセルディスペンサーNamo NGSライブラリ調製関連キットShoreline Biome
顕微鏡イメージ解析・
Fig作成支援ソフトウェア
Cytosketch
3次元培養Synthecon(シンセコン) 近接ライゲーションテクノロジーDovetail Genomics
  微小電気信号検出・解析Alpha Omega(アルファオメガ)  
  モンキーチェア / レコーディング
チャンバー etc.
Crist(クリスト)
 
  レーザーマイクロダイセクションCellCut Plus  
  キャピラリーシングルセルソーティングシステムCellEctor Plus  

ホーム > 製品情報 > 【機器】 ハイスループット自動細胞カウンター Cellaca MX

ハイスループット自動細胞カウンター Cellaca MX

関連商品を確認する

デモンストレーション

カタログ請求(無料)

Cellaca MX概要

Cellaca MXハイスループット自動細胞カウンターは、これまでの非効率な細胞カウントワークフローを一新します。最大24サンプルを連続自動で測定し、測定時間は2.5分以内。細胞カウントに費やす時間を大幅に削減し、研究のより本質的な作業に人員と時間を割り当てることができます。使用するサンプル容量も25 μlと少量なので、希少な細胞であってもメインの実験にサンプル量を確保できます。

特長

■独自プレートで最大24サンプルを連続自動測定可能
■明視野測定なら48秒、蛍光測定でも2.5分以内(24サンプル)
■測定に要するサンプル容量はわずか25 μl
■オートフォーカス
■明視野のみのモデルから蛍光モデルへアップグレード可能
■コンパクトで省スペース
■API対応(オプション)でロボットオートメーション統合可能

セルラインのサンプルなら明視野測定で

夾雑物の混入のないサンプルや生存率の高いサンプルなら、トリパンブルー染色でも正確な細胞カウント&生死判定が可能です。
Cellaca MXなら、1プレート24サンプルを連続自動測定し測定時間は48秒。
セロメーターで長年にわたり培った細胞画像認識で、他にはない正確な細胞カウントを行います。

Cellaca MXでのトリパンブルー染色カウント確認画面。生細胞をひとつひとつ識別し(緑色ライン)、トリパンブルー陽性の細胞は死細胞として認識している(赤色ライン)

PBMCやプライマリーのサンプルなら蛍光測定で

核染色や生死判定蛍光試薬などで染色をすれば、混入した組織片や赤血球を誤カウントすることなく、対象の細胞のみを正確にカウントすることができます。
Cellaca MXなら、必要なサンプル容量は25 μl。
生検腫瘍組織やマウス脾臓細胞、腫瘍浸潤リンパ球(TILs)などの希少細胞サンプルにも対応できるだけでなく、メインの実験により多くのサンプルを確保できます。

PBMCサンプルの明視野(左)と蛍光マージ画像(右)
明視野では白血球、血小板、赤血球が見られる。核染色で蛍光染色されている蛍光画像では、有核である白血球細胞のみを正確に測定できる。

再現性の高い結果で信頼を高めます

Cellaca MXの測定結果は、2桁の細胞濃度範囲での良好な直線性だけでなく、高い再現性を有します。システムや部署、研究室、作業者が異なることで結果に変動を生むことなく、常に一貫した測定結果を得ることができます。

クリックしますと拡大します。

Jurkat細胞希釈系列サンプル(1.8×105 – 1.8×107 cells/ml)のCellaca MX測定結果(n=9)。極めて良好な直線性が示されている。

正確かつ迅速なカウントで様々な測定に

Cellaca MXの自動化された画像取得・細胞認識・レポート機能は、様々なワークフローで用いることが可能です。
実証実験として、複数の作業者がトリパンブルー染色CHO細胞のサンプル4種類について細胞濃度と生存率を測定したところ、各測定の結果の変動係数CVは7%以下となりました。この4種類の測定では合計1992サンプル(=83プレート)を測定しましたが、すべてに要した時間はわずか70分でした。

クリックしますと拡大します。

トリパンブルー染色CHO細胞の4種類の測定とその合計(緑色バー)の結果の変動係数CV

一般的な細胞カウントシステムとの比較(トリパンブルー染色明視野測定)

サンプル数 時間
Cellaca MX 24 48秒
480 30分
一般的な細胞カウントシステム 12 36分
480 24時間

運用例

シングルスライドカウンター Cellaca MX
研究員 4名(カウンター担当1名 150回測定+スライド作製3名ひとり50枚) 研究員 1名(マルチピペッターで7プレートを作製し7回測定)
1サンプル/測定 24サンプル/測定
合計作業時間:12時間 合計作業時間:1.5時間

Cellaca MXなら、作業時間10.5時間と研究員3名を細胞カウント作業から解放できます

モデルと仕様

Cellaca MX BF Cellaca MX FL2 Cellaca MX FL5
チャネル 明視野 明視野、Green、Red 明視野、Blue、Green、
Red、Far Red
チャネル数 1 4 14
励起LED N/A 470、527nm 365、470、527、620nm
蛍光フィルター N/A 534、655nm 452、534、605、655、692nm
代表的な色素 トリパンブルー トリパンブルー、AO/PI トリパンブルー、AO/PI、
Hoechst、DAPI、PE、APC、
FITC、CFDA、Calcein AM、
7AAD
24サンプル測定時間 48秒 2.5分 2.5分
容量 ( /ウェル) 25μL - 100μL細胞サンプル
50μL - 200μL染色後サンプル
25μL - 100μL細胞サンプル
50μL - 200μL染色後サンプル
25μL - 100μL細胞サンプル
50μL - 200μL染色後サンプル
サイズ/直径 5 - 80μm 5 - 80μm 5 - 80μm
濃度範囲 1x105 - 1x107 1x105 - 1x107 1x105 - 1x107
仕様アップグレード 可 (色数追加) 不可
ロボット統合
寸法 33cm x 33cm x 41cm 33cm x 33cm x 41cm 33cm x 33cm x 41cm
重量 18kg 19kg 19kg

ハイスループット自動細胞カウンター Cellaca MXのカタログを請求する

お気軽にお問い合わせ下さい

pageTop