細胞洗浄装置Laminar Wash™

Laminar Wash™ 概要

Laminar Wash™システムは、独自のサスペンションセルサンプル調製法により、遠心洗浄法で生じる様々な問題を解消した細胞調製装置です。シングルセルシークエンスやフローサイトメトリー、マスサイトメトリーにおいて、細胞ロスの減少、測定結果の向上、再現性の向上をはかることができる装置です。

Laminar Wash™の仕組み

Laminar Wash™は様々なアプリケーションで使用可能です

FLOW
CYTOMETRY

SINGLE CELL
SEQUENCING

MASS
CYTOMETRY

HLA
TYPING

TUMOR
MICROENVIRONMENT

CELL AND GENE
THERAPY

Laminar Wash™の特長

少ない細胞数でも実験が可能

脾臓細胞やTIL(腫瘍浸潤リンパ球)など、稀少な細胞集団も処理可能です。1ウェルに100個 しか細胞がなくても細胞洗浄が可能です。

シングルセルシークエンシングデータの向上

高い洗浄能力によりバックグラウンドを低減します。

短い処理時間

16サンプルを6分間(MINI1000)、96サンプルを3分間(HT2000)で洗浄できます。

結果の均一化

ピペッティングのミス、実験者、実験場所や時期による誤差を低減します。

高いStain Index

細胞集団の分離が向上します。

きれいなデータ

細胞のデブリや凝集の減少により細胞の分解能と解像度が向上します。

エアロゾル化を最小限に

遠心法に比べてエアロゾル化の量が少なく、感染性の高いサンプルを封じ込めることができます。安全キャビネット内での使用も可能です。

細胞ロスを減少させます

Laminar Wash™システムは細胞の回収を向上さ、初期細胞量に関わらず安定した回収率となります。
臨床サンプルでは細胞数が少ないことが多いため、細胞ロスを減らすことが実験の成功の鍵となります。

Laminar Wash™で腫瘍浸潤リンパ球(TIL)の同定性が向上

(a)遠心洗浄法: 何度も沈殿や再懸濁を行うことで細胞のロスが多くなり、機械的なストレスもかかります。
(b)Laminar Wash™法: 腫瘍のデブリがより少なく、しかしTILの回収率はより高くなりました。さらに、細胞集団の分解能は向上しました。

Charles River LaboratoriesにてTILサンプルにCurioxのLaminar Wash™ HT System をお使いのお客様よりデータをいただきました。

ポピュレーションの減少が最小限になります

CyTOFで25種類のCDマーカーを測定し、tSNEプロットを作成した例
遠心洗浄法(左図)では多くの骨髄系細胞(単球、DC)の消失した一方、Laminar Wash™法(右図)では骨髄系細胞分画に多くの細胞が見られます。

仕様

機種名 MINI1000 HT2000
最大処理サンプル数 8 96
専用プレート形式 8×2ウェル
96ウェル
最大液量(μl) 80 80(オプション アダプター使用時150)
操作方法 ボタン操作 タッチパネル操作
バッファー自動切換え オプション
自動化対応 オプション
寸法(cm) W28 x D19 x H23 W26 x D30 x H31
質量(kg) 3.5 14

細胞洗浄装置
「Laminar Wash™」のカタログを請求する
無料

お問い合わせ

  • お気軽にお問い合わせください。
  • TEL:03-6240-0843

細胞洗浄装置「Laminar Wash™」のFAQはこちら