TEXT SIZE

  • 小
  • 中
  • 大

CLOSE

Digital Biology

ソフトウェア 機器 試薬・受託サービス
パスウェイ解析IPA フローサイトメーターCytek Aurora 標識抗体・試薬BioLegend
ヒト遺伝子変異データベースHGMD® Professional 一分子リアルタイムDNAシークエンサーPacBio® Sequel/Sequel II システム 試薬・消耗品Spherotech
配列情報マルチ解析ソフトウェアGeneious 高速細胞イメージングシステムCeligo DNA精製キットPrinceton(プリンストン)
次世代シーケンスデータ解析ソフトウェアStrand NGS ハイスループット自動細胞カウンターCellaca MX エンドペプチターゼPrinceton(プリンストン)
マイクロアレイデータ解析GeneSpring 細胞自動カウント・生死判別Cellometer(セロメーター) NGSライブラリ調製関連キットSwift Biosciences
FCSデータ解析・共有ソフトウェアCytobank シングルセルディスペンサーNamo NGSライブラリ 調製キットLOOP GENOMICS
オリゴプローブモデリングVisual OMP 3次元培養Synthecon(シンセコン) ゲノムアセンブリ受託サービスDovetail Genomics
顕微鏡イメージ解析・
Fig作成支援ソフトウェア
Cytosketch
微小電気信号検出・解析Alpha Omega(アルファオメガ) ヒトゲノム構造解析受託サービスDovetail Genomics
  モンキーチェア / レコーディング
チャンバー etc.
Crist(クリスト)
 
  レーザーマイクロダイセクションCellCut Plus  
  キャピラリーシングルセルソーティングシステムCellEctor Plus  

ホーム > 製品情報 > 【機器】 MMI CellEctor plus キャピラリーシングルセルソーティングシステム

MMI CellEctor plus キャピラリーシングルセルソーティングシステム

関連商品を確認する

デモリクエスト

カタログ請求(無料)

Technology

MMI CellEctor plus キャピラリーシングルセルソーティングシステムのTechnology

MMI CellEctor Plusは懸濁液中からシングル/ レアセルを認識、取得、回収する顕微鏡ベースのキャピラリーシングルセルソーティングシステムです。 シングルセルをナノリッターボリュームの培養液とともに吸引し、ナノリッターボリュームの反応液を用いた分子実験などに適した形で回収します。 高精度なMMI CellPumpはユーザーによる手動操作、自動セル認識/取得/回収など多様なモードで動作します。ソフトウェアと3D CellRobotによってキャピラリーは高い精度、再現性で制御されます。

  • 1. セルの選択、自動検出

    Technology

    細胞は可視、蛍光画像下で自動的に識別されます

  • 2. 高精度なセル取得

    Technology

    3Dロボットアームで制御されたガラスキャピラリーによりセルが吸引されます

  • 3. セル回収

    Technology

    IBIDI、PCRチューブや他のスライドベース容器にセルが回収されます。すべての作業は目視で確認できます

youtube

FAQ

MMI CellEctor plus キャピラリーシングルセルソーティングシステムのFAQ

  • Q.MMI CellEctor Plusでシングルセルを単離できますか?

    A.はい。 MMI CellEctor Plusは浮遊した状態からシングルセルや希少な細胞を単離するのに特化した機器です。

  • Q.キャピラリーの素材とサイズを教えて下さい?

    A.素材はガラスで先端直径10、20、40μmの三種類の用意がございます。

  • Q.興味のある細胞を自動認識して見つけられますか?

    A.はい。シングルセルの単離に特化した細胞認識のソフトウェアのアドオンとして、MMI Cell Explorerというソフトウェアがございます。 こちらは蛍光標識された細胞への使用が主ですが、標識していない細胞にも使用可能です。

  • Q.どうしたら細胞を確実に生かしながら採取できますか?

    A.適切な培養のプロトコールと、液体培地に入ったサンプルをご用意下さい。 キャピラリで細胞を吸い、好きな培地に細胞をアプライします。 液体の取扱、サンプルのアプライ、キャピラリの洗浄は、全てMMI Service slideで行えます。

  • Q.細胞を1つだけとる確率を上げるコツは何ですか?

    A.画面を見てコントロールできること、ワークフローをシステマチックに構築できることが、CellEctorの特長です。
    まず第一に重要なのはサンプルを濃縮する工程です。(Screen Cell、Veridex等)
    第二のポイントがサンプルを液体で薄める工程です。
    第三はMMIのシステムが完全にキャリブレートされていることです。
    最後は、メソッドの構築です。サンプルをキャピラリで吸う量・出す量を何度か試して決め、その後サンプル上のキャピラリの高さも決めます。初期設定は手動で細胞採取を行い、その後に半自動、最後は自動で採取が行えます。

  • Q.どのプラットフォームに細胞を集められますか?

    A.スライドのプラットフォームに基づいて、幅広い種類のサンプルプラットフォームに対応しています。(例:BIDI社製スライド)
    特別なスライド上で細胞を採取したりデポジットしたりしたい場合は、お問い合わせください。

  • Q.どのくらいの頻度でキャピラリを交換しなければいけませんか?

    A.もしキャリブレーションできる時間があり、毎晩キャピラリの中を空にして清潔に保てる場合は、同じキャピラリを何百の細胞に使用して頂いて構いません。
    そうでない場合は、キャピラリが壊れたり汚れたりするので上記の場合よりも頻繁に交換が必要になります。

パフォーマンス

MMI CellEctor plus キャピラリーシングルセルソーティングシステムの特徴

マニピュレーター ガラスキャプラリー用全自動制御モータ3D制御マニピュレーター
MMI CellPump ソフトウェア制御モータ駆動高精度ポンプ、ボリューム精度 2ナノリッター
MMI CellRobot 3軸ソフトウェア制御モータ駆動
対応顕微鏡 ニコン Ti-S、Ti-E、Ni-U、Ni-E、A-1
オリンパス IX73、IX83、FV1000
Zeiss Axio Observer、LSM 780
XYテーブル 移動範囲120x100mm、0.025μmステップ、位置再現性1μm
ソフトウェア基本機能 全自動/手動細胞取得/回収、複合駆動モデル機能、キャピラリーチップとガラススライドの距離を設定可能、キャピラリー径により5種類のポンプパラメーターを設定可能
Technology
3Dロボティックアームは先端が回転可能なため、キャピラリーの交換を簡単に行えます。また、可動保護キャップによりキャピラリーを清浄、滅菌状態に保たれ、かつ使用者の安全性も確保出来ます

 

MMI CellEctor Plusのカタログを請求する

お気軽にお問い合わせ下さい

pageTop